タモギダケとは? ~今注目を集めているワケ~

tamogi01

 

タモギダケって何?

タモギ茸は、ヒラタケ科の黄色いキノコです。

ダシがよく出て食感もよく、食べておいしいキノコですが、

栽培が大変難しく夏の限られた一時期のみ、北海道や 東北の深山で自生するため、幻のキノコと呼ばれてきました。

目を見張るほど美しい黄金色のカサを持ち、豊富な栄養・うまみのあるタモギ茸は一部の高級料理店な どでも使用されています。

近年では、含有する栄養素に注目が集まり、サプリメントや健康食品にも加工されて、健康に良いキノコの 代表格ともなっています。

そんなタモギダケを青葉ファームランドが心を込めて作りました。

 

タモギダケの名前の由来

名前の由来はニレ(楡)の倒木に生えることから楡木茸となったと思われます。

ただし楡木(にれぎ)が「たもぎ」と読まれる理由はまだ不明です。

ただし材木としてのニラ(楡)の代表であるハルニレ(春楡)はアカダモ(タモ)とも呼ばれていることが関係している気がします。

 

こんな方にお勧めします!

  • 最近太ったと感じる方
  • 美容を心がけている方
  • 毎日の健康を保ちたい方

 

★美容・健康のためにも食べよう★

tamogi_setumei

お鍋、すき焼き、サラダ、天ぷらなど、様々な料理にお使いいただけます!

 

イメージ画像01

採れたて情報配信しています!

ページ上部へ戻る